So-net無料ブログ作成
ストレスからの解放 ブログトップ

自律訓練法 [ストレスからの解放]

 ドイツのシュルツ博士という方の考案した方法に、

 自律訓練法というのがあります。

 ストレス、心身症、神経症などの主に精神科、心療内科

 領域の疾患に効果があると言われています。


 座った状態でも、寝た状態でも良いです。

 ①右手が重たい→左手が重たい→右足が重たい→左足が重たい
   →両手両足が重たい→体がけだるく気持ち良い

 ②右手が暖かい→左手が暖かい→右足が暖かい→左足が暖かい
   →両手両足が暖かい→体がぽかぽかと暖かい

 ③心臓がゆっくりと鼓動している、ゆっくりと

 ④呼吸が楽だ

 ⑤お腹が暖かい(おへその上あたりを思い浮かべます)

 ⑥額が涼しい

 終わったら、ゆっくりと目覚める。1、2、3、ハイ、スッキリしました。

 手足を屈伸して背伸びをし、ゆっくり呼吸を整えましょう。

 上の①から⑥までを順に心の中で唱え(最初のうちは、①や②だけ

 でも結構です。)、自己催眠状態を作り出すものです。

 催眠状態にある人の状態は、どのようなものかという結果である

 ①~⑥の体の状態から入って、自分自身で催眠状態に入ります。

 ①から⑥を実行するだけでも、ストレスや心身状態の改善が見込めます

 が、さらに一歩進んで、⑥の後に自分がこうありたい、こうなりたいと

 いうことを唱えると効果的です。例えば、肩が痛いという方には、肩が重たい

 →肩が暖かい→肩の力が抜けてゆったりしている、といいうふうに唱えると

 良いと思います。勉強をする前には、⑥額が涼しい、の後に頭がスッキリ

 している、どんどん覚えられる、と唱えます。この時に、肩が痛くないとか

 頭が悪くないとか、ネガティブ系の言葉を入れないことが、コツです。


 私は、①を一週間くらい、⑥までを一カ月くらいかかりました。

 効果はあると思います。
 
 身体の不調に悩んでおられる方の一助になれば幸いです。

 自律訓練法

 抗がん剤の副作用対策に利用されるお客さまが増えています!フコイダン海皇寿のお問い合わせはこちらから

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
ストレスからの解放 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。